必見!20代の転職流れ

20代の転職活動を効率的に進める方法・流れ

転職経験者の多くが20代で初めての転職を経験したというデータも出ているように、同年代のライバルも少なくないのが20代の転職です。そのため、転職を成功させたいと考えるのであれば、数多のライバルを出し抜いて勝つ事が必要となってきます。しかし、転職活動初心者の場合、どのように転職活動を進めていくべきか迷う事も多いのではないでしょうか。転職活動には必勝の方法はありませんが、有利に事を進めるためのノウハウは存在します。ここでは、効率良く転職活動を進めるために知っておきたい事、やるべき事を順を追って紹介していきます。

 

1.転職の計画を立てる

 転職活動にはエネルギーや熱意が必要だと言われていますが、思い立ったらすぐ行動に移す、というのでは失敗してしまう可能性も高くなります。既に転職先を絞り込み、転職をする目的が明確になっている場合は別として、ただ漠然と「転職したい」と考えているのであれば、まずは転職の計画を立てる事から始めましょう。この時、転職活動の期間を限定しておくと、集中力とモチベーションアップの効果もあります。また、計画段階で転職の目的を明確にしておく事も以降のステップでは重要となってきます。

 

【参考記事】

20代の転職は早すぎるのか

20代が転職のためにする自己分析は

20代でする企業研究

20代での転職は在職中か退職した後か

20代の転職〜電話応対が苦手なら〜

 

 

 

2.転職に必要な情報を収集する

 転職に必要なのは、求人情報だけではありません。特に、転職を希望する企業や業界に関する情報は判断材料として不可欠なものですから、できるだけ多くの情報を集めておきましょう。おすすめは、リクナビNEXTやリクルートエージェントなどの転職支援サイトの利用です。これらのサイトには膨大な数の求人情報が集められているだけでなく、転職に役立つサービスの提供やノウハウも掲載されているため、積極的に利用する事で情報収集も容易になり、転職の可能性を広げる事にも繋がるでしょう。

 

【参考記事】

20代で利用する求人媒体

20代で転職エージェントを利用

20代が求人票で見るべきところは

正規雇用と非正規雇用を比べてみましょう

 

 

3.転職先を見つけて応募する

 情報収集を行った後は、自分の目的や希望条件に沿った求人情報を絞り込んで探します。転職支援サイトを利用すれば、条件検索などで簡単に見つけ出す事が可能です。また、エージェントを介して求人情報を紹介してもらう方法もあります。応募の際にはまず書類選考を通過する事が第一ですから、先方の興味を惹きつけ自分という人材を的確にアピールする事を念頭に置いて、丁寧に書類を作成しましょう。

 

【参考記事】

20代で書く履歴書

20代で書く職務経歴書

20代転職の志望動機

 

 

4.面接の準備と本番

 転職の場合も就職活動と同様に、最大の難関となるのが面接です。面接は相手も場所も質問内容もその時々で変わるため、何度受けても慣れないという人は多いはずです。しかし、練習でも回数をこなせば自然とポイントが掴めてくるものです。何度もシミュレーションを重ねて、自分の持つスキルや経験、人柄を上手くアピールできるよう模索していきましょう。本番ではどうしても緊張してしまいますが、練習を思い出して気持ちを落ち着かせる事が大切です。

 

【参考記事】

20代の面接マナー

20代の転職で出る質問は

20代の転職でする面接対策は

 

 

5.退職と入社の準備をする

 転職先が決まればミッションコンプリート、と言いたい所ですが、最後に綺麗な形で前職を辞める事も社会人としてのマナーです。特に同じ業界内で転職した場合、仕事もプライベートも含めて交友関係が被る可能性が高いため、退職時にいざこざがあれば、後になって仕事へ悪影響を及ぼす事も考えられます。仕事の引継ぎや退職願の提出などはきちんと行い、円満退社できるよう計画的に進めていきましょう。

 

【参考記事】

20代で円満退職はできるか

20代での退職の際の挨拶について

入社前に確認すべきこと

20代と退職証明書

あなたが頭に入れておくべき入社後の注意点はこの3つです

 

TOPへ戻る