円満退職をしよう

円満退職は必要?

 

 円満退職といえば聞こえはいいですが、実際に行おうとすると大変なものです。ですが、大変だからといって円満退職しなくていいことはありません。確かに円満退職さえ目指さなければ、辞意を伝えてから2週間で辞められるため、素早く職場を離れることができます。ですが、円満退職はしっかりと行わなければいけません。それは、これからの自分の転職活動にもかかわってくることだからです。

 

 具体的には、円満退職をしないで辞めようとすると、もし転職先の会社で仕事をしている時などに今の会社とかかわる機会があるかもしれないからです。そうなってしまったら、転職先の会社での自分の評判まで悪くなってしまうかもしれません。

 

 また、転職先が決まってしまったからといって強引に辞めてしまうのもよくありません。それは、円満退職をしないと退職の日程がしっかりと定まらなくなって、ずるずると長引いてしまうかもしれないからです。しっかりと会社と相談のうえ、スムーズに退職できるようにしなければなりません。

 

円満退職をするためのコツとは?

 

 退職をするなら円満退職をしなければなりません。ですが、円満退職をしようと思っても何を意識すればわからない人もいるのではないでしょうか。そんな人は、まずしっかりと円満退職のためのコツを知っておきましょう。

 

1.できるだけ早く意思表示を行う
 円満退職をしようと思ったら、まず早めにその意思を伝えることが大切です。抜けてしまう自分からしたら関係ないかもしれませんが、これからも働いていく人達にとっては1人抜けた穴は大きいものです。

 

 その部分に対処できる猶予をしっかりと与えられるよう、早めの意思表示することを意識しましょう。具体的な意思表示のタイミングとしては、余裕をもって退職希望日の2カ月前ぐらいには意思表示するようにしましょう。

 

2.退職の意思を堅く持つ
 退職を願い出たあとによくあるのが、上司に引き留められ続けてしまい、ずるずると退職予定日が遅れていってしまうことです。これは会社側からしたらよいことかもしれませんが、自分にとってはマイナスです。

 

 円満退職というのは双方にベストな形で辞めることですので、自分に不満が残るような形になってしまってもいけません。そうならないためにも、意思表示を一度行ったら、堅い意思を持ち続るようにしましょう。

TOPへ戻る