転職はやはり20代が有利(25歳・男性)

転職は20代が有利

25歳男性の転職を考えたきっかけ

 今まで販売業をしていました。やはり不安が大きい職種なので、少しでも安定の出来る事務職に移ろうと考えるようになりました。
商品も買わなければいけない仕事なので、収入面でも不安を覚えることが多々ありました。

 

 最終的なきっかけとなった理由は、会社の倒産です。

 

突然でした。

 小さい会社ではありましたがなんとか続けてきたのに、急に給与が3分の1程しか支払われなくなりました。
上京し、一人暮らしだった私はどうしようもない不安に毎日押しつぶされそうになりました。
上司と相談しているときは、泣きながら話していたものです。

 

 

転職活動で苦労した点

専門学校卒で、資格もほぼないに等しい状態でした。そして何よりも事務経験がないことが痛手でした。

 

 パソコンの知識もそんなにはなく、強みと呼べるものが皆無でした。

 

 だったら強みを作ろうと思い、ハローワークが行っているパソコン教室へ行きました。
これで最低限必要なことは学びました。

 

 

これから転職活動を行う人へのアドバイス

 20代で、今まで経験したことのない職種につくのは簡単なことではありません。

 

 やはり経験がものをいう時代です。ですが、20代は伸び盛りの為諦めずに続ければきっと結果を残すことが出来ます。30代に近づくにつれ、仕事の幅はどんどん狭まってきます。

 

 いまの20代だからこそ、転職は成功しやすいのです。特に27歳くらいまでは、年齢だけで大きな強みになります。それ以降は本当に厳しくなります。

 

 少しでも経験を作れるのなら、派遣からでも何でも作るべきです。自分の成長に繋がることは積極的に経験して行った方がいいでしょう。

 

 転職は中途採用がほとんどです。中途採用は即戦力を求められます。いかに希望に応えられるか、ここが大きい鍵となってきます。

 

TOPへ戻る