あなたが頭に入れておくべき入社後の注意点はこの3つです

若い人の特権は何でしょう?

 

 社会人の中で、20代はペーペーなのかもしれません。それは即ち、若さが溢れているということ。若い社会人の特権とは何でしょうか。恐れを知らないこと、体力が有り余っていること、元気であることなど、いろいろとあると思います。それらを入社の直後からしっかりと出すように心がけてください。

 

 若い人だけが発揮できるような特徴や利点を発揮しないままでは勿体ない。転職直後というのは、それを社内に知らしめることによって、自分の存在意義を確かめることができるのです。若い転職者の特権を自ら押さえ込まないように気をつけましょう。

 

活かせる経験を見つけ出す

 

 20代の若さであるとは言え、転職者であれば前職で経験したことが多々あるはずです。転職後はその経験の中から新しく働くことになった会社で活かせるような知識や技術などを見つけ出す作業も求められるでしょう。

 

 転職者の強みはまさにここにあります。入社後の注意点として意識すべきものもここにあり、過去の経験を一切発揮できないとなれば、あなたは新卒者と同じ程度の期待しかされなくなってしまうのです。

 

 活かせる経験とは、仕事以外にもあるはずです。他者との付き合い方にも見出せるでしょう。そうした経験をどこにどう活かしていくか、ここに重点を置いた働き方を目指してみてください。

 

以前のやり方に固執しない

 

 前職の経験の中から活かせるものを見つける作業が大事と書きましたが、しかし、以前のやり方に固執し過ぎるのは違います。20代ですと初めての転職になる人も多いでしょう。これまでひとつの会社でしか働いた経験がないと、どうしてもその働き方が世の中の全てだと思ってしまいがち。

 

 転職先に入社した後もそう思い込んだままだと、必ず歯車が狂ってきます。それはそうでしょう。転職先は転職前に働いていた会社とはまるっきり違うのですから。

 

 入社後の注意点、それは柔軟性を持つこと。若さを発揮するのも活かせる経験を見つけて発揮するのも、そして以前のやり方に固執しないことも、柔軟性を持っているからこそできることであり、意味が出てくるものでもあるのです。

 

 

【関連記事】

20代で円満退職はできるか

20代での退職の際の挨拶について

入社前に確認すべきこと

20代と退職証明書

 

TOPへ戻る