20代で円満退職はできるか

退職のマナーを理解しているか

 

 20代で退職を体験するというのは早いものですが、仕事の経験が浅いからこそ退職に対するマナーも薄い可能性があります。企業によってはまだ経験が浅い人間であるため多少の無礼は許容してくれるかもしれませんが、そうではない企業も当然あるため退職に関するマナーに関してしっかりと理解をしておきましょう。

 

 基本的に退職は一ヶ月前以上に上司へと通告をします。この際に手ぶらではなく退職届を持っていきましょう。退職理由に関しては詳細に書く必要はなく「一身上の都合」で十分です。

 

 しかし企業によっては規則に退職に関する事例が書かれている場合もあるため、書かれているのであれば規則の内容を優先して行動するようにしましょう。退職のマナーでトラブルにならないために、転職前に退職に関するマナーの確認をしておいた方がいいでしょう。

 

20代の円満退職は

 

 しかし20代はまだまだ将来有望な年齢です。それまでの企業での過ごし方にもよりますが大抵は企業側から引き止められることになります。

 

 そのため円満退職のためにはこの引き止めをどうにかしなければいけませんが20代でこの引き止めに対抗するのは比較的厳しいものであり、退職を押し切ってしまえば今後企業への関係に支障が出て円満退職ができない場合もあります。

 

 転職を決めた際には企業側にどのように説明して、どうすれば納得してもらえるかも考えておいた方がいいでしょう。

 

 

【関連記事】

20代での退職の際の挨拶について

入社前に確認すべきこと

20代と退職証明書

あなたが頭に入れておくべき入社後の注意点はこの3つです

TOPへ戻る